医師紹介|ぎっくり腰 寝違え 腰部脊柱管狭窄症 神経痛|神経ブロック ハリ 漢方薬|札幌市西区平和|ペインクリニック平和

院長のあいさつ
痛みに苦しむ患者さんを支えていきます。

「ペイン」は英語で「痛み」を表します。

「痛み」は本来、体に異常が起きていることを知らせる大切な警告です。

ペインクリニックでは痛みがどこから来ているかを診断し、それぞれの原因の合った治療を考えていきます。

例えば、肩が急に痛くなった時は肩に問題があるとは限りません。首(頚椎)が悪いために肩が痛いと感じることもありますし、時には心筋梗塞で肩に痛みを生じることもあります。

痛みの原因を正確に判断することは、適切な治療を受けるためにとても大切です。

ペインクリニックは、治療に関しても専門的に多くの方法を患者さんに提供致します。

急激に起こった痛みは「急性疼痛」と呼ばれ、ぎっくり腰や寝違えによる首の痛み、膝の半月板や靱帯の損傷、細菌感染による局所の腫れなどがあります。

背骨(脊椎)のつなぎ目の捻挫で起こったぎっくり腰や寝違え等の「急性疼痛」は、感染が原因でなければ神経ブロックですみやかに痛みが取れることもあります。

一方、原因がなくなったのに「痛み」がいつまでも残ることがあります。病院で検査しても異常は見つからず、薬をもらっても良くならず、「慢性疼痛」と呼ばれる状態になります。帯状疱疹後の神経痛や手術の後の傷の痛み、交通事故の後の頭痛などがあります。

「慢性疼痛」は日常生活に影を落とします。「痛み」が続くことで、脳の神経の伝わり方にも変化が起き、通常の痛み止めが効きにくくなります。また、精神的に追い詰められてうつ状態を引き起こしたり、家族関係に影響が出ることもあります。

ペインクリニックは、患者さんとお話をする中で慢性の「痛み」がどこから生じているのかを探り、症状を和らげる方法を見つけて行きます。

神経ブロック・ハリ・漢方薬を含む様々な内服薬・点滴など、患者さんのご希望をお聞きしながら無理せず納得できる治療に努めていきます。

つらい「痛み」が続いて困っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談下さい。


-略歴-

1974年 函館中部高校卒業
1980年 札幌医科大学卒業
同年 札幌医科大学麻酔学教室入局
以後、市立小樽病院・市立函館病院・北海道小児保健センター・
JR札幌鉄道病院・桜台脳神経外科病院・札幌ひばりヶ丘病院・
町立長沼病院に勤務
札幌東豊病院・琴似産婦人科クリニックで手術麻酔担当
1997年-1998年米国ハーバード大学付属 Brigham and Women's Hospitalに
産科麻酔臨床指導医として勤務
現在、市立室蘭総合病院・町立長沼病院でペインクリニック外来を担当
札幌西レディースクリニック・小樽レディースクリニックで手術麻酔を担当
 

 院長 今 久子

専門疾患

急性疼痛(ぎっくり腰・寝ちがえ)、腰部脊柱管狭窄症
神経障害性疼痛(帯状疱疹後神経痛・手術の後に長く残る痛みなど)

痛みに苦しむ患者さんの心が癒される場でありますよう心がけております。

このページのTOPへ