特徴紹介|面談 神経ブロック ハリ 漢方薬|札幌市西区 平和|ペインクリニック平和

当院の特徴紹介

面談



長く続く痛み(慢性疼痛)では、初診時の面談を重視しています。
発症時からの経過は、治療内容も含めて診断の大切なカギとなります。

神経ブロック



痛みの原因をしぼり込んでいく中で、効果が期待される時は、患者さんの同意を得た場合に神経ブロックを施行します。
時には、診断のために試しにすることもあります。
神経ブロックの副作用・合併症などに関しましては、同意を得る前に説明させていただきます。

神経ブロックは、多くの種類があります。
例えば、腰の痛みに対する神経ブロックも数種類ありますので、他院で“腰に注射を受けたけれども効かなかった・・・という場合も”異なる種類の神経ブロックが効果があることもあります。

ハリ



筋・筋膜性疼痛と呼ばれる痛みに、特に効果があります。

漢方薬



治療の主役でも脇役でも活躍しています。

このページのTOPへ